Vi skal ha pause?

オスロ大学に留学中。学んだこと感じたこと考えたことの記録。

End of the journey 1

 

こんばんは、しほです☺︎

再び随分と時が経ったけど、ついに留学生活残り4日になりました。

 

留学が終わりに近づいてくるにつれて、その「まとめ」をしなくてはいけない時期が近づいてきます。

 

ただ、まとめるにあたって色んな感情が複雑に絡み合っていて中々文章化できないのが現状です。

 

日本に帰れる安心感

留学やこのスローライフが本当に終わるんだ…という達成感、虚無感

 

今だに帰国するという事実を実感できない自分がいます。

この10ヶ月楽しいことばかりじゃなかった。辛いことの方が多かったかもしれない。人間、楽しいことより辛いことの方が記憶に残りやすいから、この留学の辛かった思い出が心に刻まれているんだと思います。

 

ずっと「早く帰りたい けどまだまだ先は長い」と思っていた頃もあったから、いざ帰れる となると、叶わなかった夢が叶ってしまうような拍子抜けする感覚があります。

(ただこの表現にもピンと来ておらず、適切な表現ではないです)

 

もちろん楽しい時だってありました。寧ろノルウェーの便利すぎない生活を通して、あらゆる物事への期待値が低くなったので、日本にいる時より些細なことで幸せを感じられるようになりました。

また何にも縛られない生活はとても快適でした。好きな時間に起きて好きな時間に寝て、好きなものを食べて、好きな事をして… 最初は「独り」にフォーカスしていたけど、今はこの生活をエンジョイできています。(無くなるのが少し寂しいです)

 

ただ、これは今まで経験した事象の中で、もっとも暗くて、長くて、深いところでの闘いでした。

 

初めてオスロ空港に到着した時にとてつもない孤独感が襲って来た時のことを強く覚えています。 「もしここで死んでも、ここには、私とは全く関係のない人しかいないんだ」と初めからシリアス思考が大活躍していました…笑

 

ゲートを出た瞬間から私の孤独と、留学との闘いが始まったんだな と今は思います。

 

 

私が留学を通して成長できたかどうかは正直分かりません。本当にずっと泣いてばかりだったし、日本への恋しさもあったし、完全にノルウェーという異文化世界にadjust出来た訳ではないと思います。

日本に帰って本来の普通の生活に戻らないと、自分がどう変わったかも比較出来ないので今は留学を通しての変化に関して言及出来ないです。

 

 

しかし、1つだけ言える事があります。

それはオスロに来た当初と今との気持ちの変化に関してです。

ノルウェーに適応できず、コンタクトレンズが減ることを確認しては、先は長いと落ち込む日々を過ごして来た当初と比較して、今の私は、留学を途中でギブアップする事なく、ここまでやってこれました。

ずっと泣いていたにしろ、辛い思い出の方が印象に残っているにしろ、過程はともかく結果としてみたら、留学をやりきりました。

「独り暮らし」が「一人暮らし」になり、そのライフスタイルにも慣れ、便利すぎないスローライフにも慣れ、その中で楽しんで生きる事ができました。

 

これは自尊心の低い私が、自分に自信を持って誇れる点になりました。

 

 

全く見知らぬ土地で0からのスタートで生活環境を作って人間関係を構築するキツさを身を持って学ぶことができました。開拓精神の大変さを理解できました。

 

「やらない後悔よりやる後悔」が私のモットーなんですけれども、留学はこれを体現してくれました。

あの時留学を決断しないで、それを悔やむよりも、留学して沢山苦しめて沢山学べて良かったと心から思います。

Isolation

 

こんばんは、しほでーす

今日で帰国するまで残り1ヶ月になりました。いよいよ、カウントダウンがスタートしてこの留学も終わるのかと、嬉しく、少し寂しく、そしてどこかホッとしている自分がいます。(まだまだ治安に気をつけないと)

 

何故こんなまとめみたいなことを書き出したのかと言うと、今勉強のためにカフェにいるんです。

 

f:id:qzmp24:20170515030117j:image

ちなみにこれで1100円(高い)

 

ここのカフェ、最近は行っていなかったのですが今日は日曜でどこも夜は閉まっているため、約8ヶ月振りに来ました。

 

8ヶ月前というと留学が始まった頃でまだまだ寂しさに押しつぶされていた頃です。 

 

この留学開始時を思い出した今日が留学終了1ヶ月前ということで、少し感慨深くなったのです。

 

「孤独感」

 

こっちにきて数えきれないほど「孤独」を感じました。

 

日本とノルウェーの物理的孤独

英語話者の中で英語が話せない言語的孤独

大好きな日本の友達たちと関われない、コミュニティがない、素を出せる人がいない精神的孤独

 

留学で精神的に成長するってあまり分からなかったけれど、今は痛いほど分かるし、私の留学はこれがメインだったなと思います。

 

その度に泣いてきたし、自分を抑えて踏ん張って見過ごして解決したことが多かった気がします。(こっちの友達と遊ぶ計画を立てたり、ボランティアに応募したりと行動もしてきました。)

 

今もそういう感情を抱く時は多々ありますが、自分のコントロールの仕方が少し分かってきたし、最近は終わることに少し寂しさを感じるようになってきました。仲良くなった多国籍の友人と会えなくなるのも寂しいです。。

 

コミュニティの中にとどまることは快適です。楽しいです。留学は快適なコミュニティ/母語を無理矢理絶って、新たな土地で自分1人で適合していく事なんだと思います。

(割と気楽に留学始めましたが、こんな辛いものだって知ってたら大分行くこと躊躇した)

 

こう思うのは、自分の深く考えすぎる性格やネガティヴな部分が、平均より留学向きじゃなかったことも一因です。

 

新たな土地で適合できたかは分からないけれど、お別れするの寂しいなって思う友達もできたことは来た当初の自分と比べればかなりアジャストできた証拠なのかなとも思います。

 

最近は自分の感情も以前よりコントロールできるようになったし、1人でいることにも大分慣れました。日本人と必要以上に絡まないってことも維持できました。

 

人見知りで「人間関係は狭く深く」な性格を完全に克服することはできなかったけど、その中で踠いて頑張れた と思えます。

 

何よりこう思える事ができたことがそれを証明してる気がします。

 

 

さーあと少し、テストにレポートに精を出して毎日を忙しく過ごします☺︎

 

読んでくれてありがとうございました!

Digitization

 

こんにちはー!

学校も週1日しかなく毎日毎日お休みでダラダラしてます、なので、今(試験前)はバタバタしてます

 

今日は試験に関して少し面白いことがありました!!

 

UiOの試験は3typeあります。

(ちなみに全部essay 論述です。記号問題とかは全く見ません。これも暗記を重視する日本とは真逆で、思考を重視する海外っぽいですね〜)

 

  • Writing exam
  • Submitting the paper
  • Take-home exam

 

上記2つは日本と同じ 筆記試験とレポートです。

最後のは所謂テキスト持ち込み可能試験かな?

試験問題が公開され、4日間くらい期間が与えられて、その期間内に8-10ページ(2500 word前後)のessayを書くイメージです📝 だからどこで受けても良いし、何を見てもいいし、(最悪)誰と解いてもバレない!ってことです。←

ただ私は英語弱者でコツコツとやっていくタイプなのでこういう短期間集中型は毎回ビクビクしてます。。

 

 

 

UiOの試験を説明した所で本題に入るとすると、

Writing examが今期からInsperaというサイトを使ったものに変わったそうです。(さっき知った)

左に問題が提示されて、右に解答をタイプしていくスタイルです。

 

f:id:qzmp24:20170428202526j:image

 

いやいや、筆記試験なのに筆記しないの?

 

 

    衝撃です。

    今までは「試験=ペンで沢山論述して手が汚れる」だったので、デジタル化していく世の中だけど、ここまでデジタルになるとは驚きました。。

    前学期も試験会場は大学とは全く別の場所(大学から電車で20分くらいの僻地)にある建物でした。そこはコンピュータルームでしたが、目の前にあるコンピュータは使わず、通常通り試験問題が配られて筆記でした。

 

    ちなみに北欧の試験は時間が長い(3-6時間)ので、その部屋の中にトイレも付いてて、机の上に食べ物置いておいて食べることも可能です。(荷物は始まる前に定位置にまとめなければならない)

見張りは各列にいるのでcheatingはできません。

 

    paperもWriting examも全てInsperaを使って提出するので、レポート間のコピペ(昔のレポート使ったり)とかcheatingとか全て管理しやすくなるんでしょうね。

 

    ペンや消しゴムも必要ないし、文字が汚くて解読できないこともないし、生徒にとっても教授にとってもプラスなんだろうけど、なんだかなぁってなりました(笑)

 

Comfortable place

 

久しぶりの投稿。近頃は課題で忙しくも、春になって街も人もキラキラしてきているのでハッピーです。もう8時過ぎまで明るい!

 

 

 

立場が違うと相手を理解することって出来ないんだなと最近思います。

 

 

留学をしたことなくて、私の留学生活がどんなものかを知ろうとしないのに、留学が辛いという私の嘆きに「自分だったらやること沢山あって〜」とか語る人、

その場限りの「今度電話しよう!」を言ってくれる人、

 

そういう人達は、相手がどれくらい傷つくか分からないんだと思います。

 

でも当然怒ることはありません。だって相手の状況を知らないから。(悲しみはするけど)

 

 

 

昨日、Murakami by Murakamiという日本の芸術家の村上隆さんをフォーカスした作品展に行って来て、私はその価値が全く理解出来ませんでした。でも友人は楽しんでいました。

 

 

立場が変わると経験も価値観も感じ方も変わる。

当たり前のことだけど、今後はそれを忘れず胸に留めて、人と接していきたいと思いました。

 

分かろうとしてもらえないで話されても何にも響かないし、逆に悲しくなるからね。

 

 

距離が離れても連絡を取れる人こそ、本当の友人なんだと思う。私も去年友達が留学していた時は全然分からなかったけど、今ならよく分かる。日本にいる人はみんな忙しいからそれを押し付けるのもいけないと思うけれど。

 

 

 書いていて思ったことは、「人に求めるならまずは自分から」

自分ばかりして人に求めてたら疲れちゃうし、この辺りのバランスが難しい。でも、スッキリした

 

f:id:qzmp24:20170409012607j:image

Nordic Syndrome

今日はパリ症候群ならぬ北欧症候群のお話です。

 

因みにパリ症候群とは、

異文化における適応障害の一種であり、カルチャーショックの一種。「流行の発信地」などといったイメージに憧れてパリで暮らし始めた外国人が、現地の習慣や文化などにうまく適応できずに精神的なバランスを崩し、鬱病に近い症状を訴える状態を指す精神医学用語である。(wiki)

 

 

留学を通して、完璧な国はないということを身を以て学んでいます。日本ではメディアやイベント(北欧フェアとか)による北欧美化が強く、憧れを持つ人もいるかと思います。日本メディアは日本在住者をターゲットにしてるから素敵な情報しか流さないんだろうけど、悪い面も当然あります。
日本と大きく違うこととして、例えば、物価と外食のクオリティが合わなかったり(コーヒーとケーキで1000円くらい)、バーで飲むお酒は一杯900円、食文化はとても質素だったり(写真参照)、冬は15時には日の入りになりずっと暗くて寒いです。

 

f:id:qzmp24:20170322055737j:image

 幼稚園児のお昼ご飯です。みんなこんな感じで、キャラ弁とかはないです。シンプル。悪く言うと無個性。

 


福祉国家と名高いけれど、高福祉が故、病院はいつも混んでます。予約しなくちゃいけなくて、予約も2.3日後とかになることも。行きたい時にすぐに病院に行ける日本の良さもあります。

オスロでのスローライフを通して、ゆっくり自分と向き合ったことは、日本ではできないような経験でした。とても自分のためになったし、良かったけれど、上記のように自分に合わないなぁと思う場面も沢山ありました。

 

 

自分自身が、北欧に憧れを抱いて入国し、そのギャップに驚いているので記事を書きました

 

 


旅行と住むのでは印象も全然変わります。私は海外は旅行が充分だなぁと留学を通して思いました。

 

 

話が全く変わりますが、最近人種の多様性に慣れてきました。

ノルウェーではヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ系と想像以上に人種は多様です。(ただイギリス人の友達は全然多様じゃないって言ってた)

バスに乗るといつでも上記の人種の人が1人はいます。ブルカを被っている人もたくさんいます。割合的には、ヨーロッパ≧中東>アフリカ>アジアって感じなのかな。中東系の人が多いです。

 

その環境に慣れたからなのか、日本のようなhomogeniousな国に少し違和感を感じるようになりました。

今日 日本文化の講義で、「和食」に関する動画(promoted by 農林水産省 )を見た時、近隣の人たちとみんなで餅つきをしている画 や、3世代揃って御節を食べている画が流れていました。その時、みーんな同じ人種、肌色、顔つきで一緒なことをすごく奇妙 に感じました。

そう感じた自分にも驚いた。

 

 

日本に帰ったら一様性を見慣れて、この気持ちは忘れちゃうとは思いますが、こう感じたのは多様性のあるこの国に来たならではのことかなと発見しました。

 

f:id:qzmp24:20170322055902j:image

 オスロはもう19時頃まで明るいです。帰るまであと3ヶ月。

 

相変わらずまとまりのない文章ですが、読んでくれてありがとうございました☺︎

Job Hunting

 

こんばんは〜

最近はreadingが多くそれを処理するので必死です。

 

私は19卒なのですが、就活準備をしています。

せっかく留学しているのに就活なんて…と考える人もいるかもしれないけれど、オスロでは山ほど時間があって 勉強だけだと爆発しちゃいそうなので、とても良い息抜きになっています☺︎

しかも日本に帰ると 何もしていなくても忙しくなるのは自明なので、ゆっくり将来のキャリアプランを考えられる内に考えをまとめておけるのはすごく有意義です。

 

f:id:qzmp24:20170315054918j:image

White Dayだから食べたかったチョコケーキをスーパーで買いました。(さみしい) それと就活ノート。

 

同期は現在就活をしていて、私も準備を始める中でその大変さが分かってきました。

4年間で卒業する人は忙しくて、自己分析などする時間が本当に少ないと思うし、凄いなって思います。。

ノルウェーにいると「みんなが就活してるから私もしなくちゃ!」などといった雰囲気を感じることは全くありません。自分で 自分が今すべきことをマネジメントできています。ただ就活準備は早いことに越したことは無いと思うので、良い意味で同期の就活から刺激を貰っています。

 

ノルウェーに来なかったら、「グローバルな環境で外国人の人たちとコミュニケーションを取りたい」というような自分を理解していない温いことを言い出していたのかと思うと、こっちに来て 数え切れないくらい自分と向き合えて本当によかったです。日本では得られないものが沢山ありました。

 

勉強ばかりで飽きていたので自己分析が楽しくできるのは嬉しいです(笑)でも今はインプットだけなので、早くインターンなどを通して、このインプットを社会人に評価してもらいたいなって思います。

 

Korean Workshop

 

今日は韓国語のworkshopに行ってきた!

日本のteenage girlsの中でも韓国ファッションやコスメってすごく人気で、最近は韓国語を独学で覚えてポストする人もいるくらい!

ハングルは記号にしか見えなくて意味分からないから、少し分かるようになりたい!って思って参加しました ☺︎

 

ただ次の電車が8分待ちとかで遅れそうだったから いつもと逆方向から行こう!って思って向かったところ その電車が遅れてしまい じゃあ戻ろう!って思って乗った電車が そこから別の路線と接続して初めての所に来たり…と すごく時間をロスした(笑)20分くらい遅れちゃってショック

f:id:qzmp24:20170310043322j:image

completely beginner には難しかった

 

あと、今日は人生で初めてご飯を鍋で炊きました!勝手にすごく難しいと思っていたけど リゾット米でリゾット作ってたから すっっっっごく簡単でした! もっと早くから作っておけば良かった……と後悔しています(笑)

料理には苦手意識を持っていて日本にいた時は全くしなかったのですが、トライしてみないと分からないことって沢山あるなぁと感じました。。

因みに日本米 1kg/500円です

今までパスタリゾット野菜スープだけだったから これで料理の質がかなり良くなりました(^^)! 帰国3ヶ月前にして段々生活が良くなってきた!

 

f:id:qzmp24:20170310043351j:image