読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vi skal ha pause?

オスロ大学に留学中。学んだこと感じたこと考えたことの記録。

ここにいるワケ

Return to the starting point.

 

そもそもなんで私は留学したいと思ったんだろう。

 

私が英語に興味を持ったのは中学3年生の時だった。

学校で行った1週間ホームステイstyleのオーストラリア研修が私と英語の出会いだった。

 

初めての海外、建物も人も道路の幅も物の大きさも、見るもの全てが日本と違う。すごくワクワクで好奇心でいっぱいだった。

そして何より日本語じゃない言語で、日本人じゃない人とコミュニケーションをとっている。。あの時、すごく自分の世界が広がった気がした。日本にいたら知ることのできなかった気持ちだった。まず"言語が違う"という状態に置かれることがなかったし、その中で「日本語じゃない言語で、日本人じゃない人とコミュニケーションが取れるんだ!」ということを知った。

それで私はもっと英語を勉強して話せるようになって、色んな国の人と友達になって、色んなことを話して、色んな考えを知りたい、そして自分の世界を更に広げたいと思った。

 

こうして私はなんとなく留学に、海外に興味を持ち始めた。

 

でも、今の私はどうだろう。留学に苦しんでる。あの時のワクワクなんかすっかり忘れて、悩みながら生きている。

これはある程度英語を使えるようになってきたからこそ、次のステップに進んでることなんだろう。このステップをクリアするには本当に本当に時間と自信と練習が必要になるんだろう。

 

最近は分かってもらいたい人に分かってもらえないことが少し苦しい。もう止める。有難いことに他にも頼れる人は沢山いる。Take another way:)