読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vi skal ha pause?

オスロ大学に留学中。学んだこと感じたこと考えたことの記録。

ハタチの終わりと3ヶ月を振り返って

 おはようございます!

 

もうすぐ21歳になるので自分が1年何をしてきたのか、また3ヶ月の留学を整理したいと思って記事を書きます。テスト前で書いてる暇なんてないけれど、思いは鮮度が大切だと思うので。

 

毎年の如く この1年はあっっという間でした。    

    あっという間と感じることは毎日を充実できていると捉えているので、ネガティブには感じませんが、もう少し今ノルウェーでできているような自分と向き合う/心を整理する時間を取れたら良かったなと思います。

 

11月 留学/ゼミ/プロジェクト派遣の決定

3月 KAKEHASHIプロジェクトでアメリカ研修(http://sv2.jice.org/news/KAKEHASHI2016_univ_yoko.pdf)

8月 留学スタート

が主なイベントでした。

 

11月は色々な事にチャレンジした時期でした。

留学やゼミなど将来の進路が決まるイベントだらけだったので、いつもより沢山「自分はなぜこれをしたいのか」ということを深く考えていました。英語は全然できないのに3倍の倍率があったプロジェクトに合格できたのは、今でもよく分かりません。運が良かったです。多分

そして無事、オスロ大学への留学、第一希望の比較政治学のゼミ、プロジェクトへの派遣が決まりました。

 

3月のプロジェクトに関しては書くと非常に長くなるので、別で書きたいと思います。1年越しで来年の3月に書こうかな。

 

8月いよいよ留学のスタート。ここからは留学の振り返りです。間違いなく20年間で1.2番に大きなイベントです。

 _________________

 

【留学ブルー】

    前の記事を読んで頂ければお分かりの通り、誰もが通る"留学ブルー"に深く悩み苦しみました。もう恥ずかしくて記事読めないし、消したいけど、私の留学に不可欠なピースなので残します。いつか読めるといいな。(あ、想像以上の人から同意/励ましのリアクションを貰ってすごく元気が出ました。ありがとうございました!)

    1番深い留学ブルーは脱しました。(まだ色々悩みます。) これは 自信がついたからでも、英語ができるようになったからでもありません。時間が解決してくれました。あんなにも追い込まれていたのに、生活に慣れ、授業やイベントを通して少しずつ友達ができてきて、「日常」が決まってくると、Take it easy 思考になってきました。今考えると、初期は授業も無くて暇で、見知らぬ土地で寂しさで覆われていました。「友達もすぐにできる訳じゃないのに、」当時も言い聞かせていたけれど、やっぱり納得できなかったこの考えも友達ができた今は分かります。

     けれど、主体的にコミュニティを広げていけたか と訊かれると完全に頷くことは出来ないです。受け身精神が残っています。なので次のセメスターの目標は主体性について考え、行動することです。

 

【日本コミュニティからのexclusion】

    よく日本でいたコミュニティから排除されていることを感じ、それに悲しむ時があります。その場にいることができなかったり、話していることが分からなかったり、やっぱり辛くて、1人だけ置いてかれてしまうように思います。帰って来たら元どおりになるだろうし、日本にいないのだからコミュニティから離れてしまうのも当然なのに。

    ノルウェーに来てから 自分が如何に日本でコミュニティに依存して生きてきた のか実感します。上の主体性とも関わってくるけど、まだ本当の意味で1人でいられることは私には厳しいようです。 だから日本にいても連絡をくれる友達の有難さが身に沁みます。

 

    今、日本にもノルウェーにもいない宙ぶらりんな感覚です。日本とは物理的に離れていて、流行りも分かりません。この前動画で日本の電車のアナウンスを聞いた時、なんだかすごく「変」に感じました。新宿三丁目の写真を見た時非常に懐かしさを感じました。一方でノルウェーに属しているとも思いません。私は1年間のみの留学で来た身だし、言語も分かりません。"アイデンティティの喪失" とは違うけど、どこかふわふわしている感じを味わっています。

 

【勝ち負けの精神】

    負けず嫌いな性格ですが、こっちに来てからいかに競争社会の考え方に毒されているのか痛感します。やっぱり「他者との比較で優れている方が良い」と感じてしまいます。

英語ができる人が羨ましくなるし、良いグレードを取った人が羨ましくなります。人と比べて「でも自分は…」と落ち込む時も沢山あります。大事なことは「自分との勝負であること」だと頭では思いますが、競争社会に20年晒されると、自信を無くして中々修正できません。初めの記事で述べたように「自信を持つこと」、これもノルウェーでの課題です。

 

【自分にとっての英語の必要性】

    自分の留学目的の1つとして語学力向上があります。でも私は将来日本を出て働きたい訳では無いし、外資系企業に勤めたい訳でもありません。leadershipやinitiativeなんていう言葉に全く興味もありません。旅行をしたり、論文を最低限読める英語力は備わっています。正直、日本に生涯いるなら、日本の要素だって大切です。日本に関する教養は中途半端のままです。

    今までは学校や政府によって作られる「グローバル化」に流されるがまま「とにかく英語ができた方がいい!私には必要なんだ!」と思っていました。(日本にいるから英語を学ぶ必要が無いとは全く思いません。何かを学ぶことは教養をつける上で非常に大切です。)

    でも留学をして思うことは、日本にいたら必要な英語のレベルは達成している上で、自分はどこまでの英語力をつけたら満足するのか。ということです。未だに答えが出ません。何にも考えないで「英語=重要」と考えてきたからこそ当たる壁です。

 

 

    留学をして こんなにも自分と向き合うとは思いませんでした。向き合っている時はモヤモヤしているけれど、こうやって考えている時間の大切さは日本にいたら気づきませんでした。それが1番大きな収穫です。

 

こんな長くまとまりのない記事を読んでくれた方は本当にお疲れ様でした! ありがとうございます。