読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vi skal ha pause?

オスロ大学に留学中。学んだこと感じたこと考えたことの記録。

居場所

 

 

3月なのにまだ雪が降るけれど、日没時間は日本より遅くて、ゆっくりゆっくり春が近づいている感覚です。

 

今日はメモ書きです

 

なんでノルウェーでの生活が常に一定程度辛いのか

 

自分が心から落ち着ける居場所がないから

 

当たり前の事だったけど今分かった!ていうかこうなることさえ考えず留学しました。留学の醍醐味といっても過言じゃないのかな

 

自分が意識せずとも自分らしくいられて、安心できる居場所(家族や友人)がここには無いからですね。

知らない人たち、関係の浅い人たちと出会うことは、新たな知見や視野を得られたりして大切だけど、そんな日々ばかりじゃ疲れてしまう…

ホームがあってこその挑戦だから。私は繊細で、特にホームを大切にするタイプみたいです。

 

落ち着ける場所をノルウェーで求め続けているけれど見つからず、その原因を自分の能力不足にしたり、周りと比較して自分を責めたりしていたんだなぁ。

 

つまりは留学が終わるまで根の根の部分は直せない気がするよね。

もちろんここで落ち着ける関係を見つける可能性もあるけど、あまり心を開かないタイプなので難しいかも。

 

留学して 当たり前の大切さに気づきます。日本製品の良さとか日本の家族友人のありがたさとか。私は根本的に日本人なんだろうな。

 

    この前感情が爆発して英語でこの6ヶ月の不安焦り辛さをポストしたら10人以上の外国人がメッセージをくれて励ましてくれました。こんなに助けてくれる人がいたんだ と驚きました。

    今まではブログに書くのみで英語でポストはしなかったけど(日本人に見られるのが恥ずかしかったから)、そうしなかったからこそ私の素の部分を彼らに知られることもなかったんだと気づきました。(speskingでスラスラ自分の気持ちを語れるほど英語力はないので、今まで伝えてこなかった)

   みんなの励ましはポジティブで優しくて私にはない考えでとても元気が出たし、稚拙な英語で恥ずかしいけど、頑張って彼らに伝えていこうと思いました。

 

 

留学も残り100日なので 留学記録となるように なるべく沢山自分の気持ちを綴りたいと思います。